インプラント治療の流れ

i. 初診

提携している歯科医院に来院していただきます。 主治医が歯牙・歯肉の状態を診査し、インプラント治療の可能性を大まかに診断します。患者様が希望されれば口腔外科医のコンサルテーションを行います。

ii. 診査

治療の可能性を探るため資料を採取します。(レントゲン・歯列模型・口腔内写真など)インプラント治療が行えるかを資料に基づいて診断します。インプラント治療ができる可能性がある場合は、顎の骨の状態を詳しく調べるためCT撮影を行います。

iii. 精密検査

インプラントを行えるか顎骨精査ためCT撮影します。

iv. 診断

資料を総合して主治医と協議し治療計画を立案します。治療計画を、治療計画書として、患者様に手渡します。

v. インプラント手術

インプラント手術は口腔外科専門医が行います。患者様の負担を軽くするために手術には寝たまま治療が受けられる静脈内鎮静法も可能です。

vi. 安静期間(6週間〜6ヶ月)

インプラント体と骨ががっちりと結合するのを待ちます。その間、仮義歯を使用します。

vii. 上部構造装着

インプラント体の上に人工の歯を装着します。

viii. リコールプログラム

衛生士が1時間程度かけてインプラントのメンテナンスを行います。メンテナンス期間は3か月ごとですが、患者様の状況に応じて期間は変わります。

インプラントと審美歯科について

インプラントは、顎の骨に直接土台を築くため、治療のために健康な歯を削る必要がありません。 前歯の高い審美性が要求される部位でも、高度に歯を回復させることができます。

インプラントの安全性について

手術は経験豊富な、専門医が行います。そのため、患者様の全身状態や口腔内の状況に応じて安全に手術することができます。

インプラントの耐久性について

インプラントは30年以上前から臨床応用され、適切な管理により20年以上機能しつづけているものもあります。また、学術論文では、10年以上インプラントが機能している例は95%以上るとの報告も有ります。